モニタリング・ガイドラインが示されました

 森林・山村多面的機能発揮対策実施要領(別紙3)第5の3の(4)に定められている「活動の目標と活動結果を測定するためのモニタリング方法」について、国からガイドラインが示されました。

 各活動組織におかれましては、このガイドラインに基づき、活動の目標とモニタリング方法を決定し、活動計画書(様式第12号)の8を記入するとともに、活動開始前の標準値の状況を調査し、モニタリング結果報告書(様式第19号)に記録し、提出していただくことになります。

 各様式は「申請様式」のページからダウンロードできます。

 なお、当協議会では道内数カ所でモニタリングの方法に関する説明会の開催と手引きの配布を予定しています(開催場所、日時は後日お知らせします)

 モニタリング・ガイドライン